シキノハイテック上場

2日目に寄り付きました。

公開価格390円 初値1221円 一撃8.3万円の利益


セカンダリーは後場で売られました。

上場初日は寄らず

上場1日目は強い買い気配で寄付きませんでした(897円の買い気配で終了)BB開始時点の初値予想は1200円

買いが売りの3.6倍有るので、2日目も強い買い気配スタートでしょう。

上場2日目の気配運用です。
上限方向
上限値段:2,064円
気配更新:更新値幅45円、更新時間10分

明日の午前中には寄付く予想ですがどうなるでしょうか。

楽天証券が委託幹事に来た!

幹事増加しています。当選チャンス!

BB開始時点、初値予想は爆上げ来た!

S級の爆上げ予想が来ました。

シキノハイテック 評価S級
想定公開価格390円 初値予想平均1200円 一撃8.1万円の利益予想です。

CONNECT IPO取扱い来ました

シキノハイテック(6614)新規承認

主幹事がみずほ証券なので、OneTapBUY(PayPay証券)が来るかも知れません。

以前に、OneTapBUYの内山昌秋社長が、ブルームバーグのインタビューで明らかにしました。

ブルームバーグ記事抜粋

2020年12月7日 13:01 JST  

ソフトバンクが出資するスマートフォン専用の証券子会社は、みずほ証券と新規株式公開(IPO)株の販売で協業する。1月には社名をPayPay(ペイペイ)証券に変更(2月1日~PayPay証券になる事が正式に決定)し、サービスの拡充を通じて2023年度の単月黒字化を目指す。

OneTapBUY(ワンタップバイ、東京都港区)の内山昌秋社長が1日、ブルームバーグのインタビューで明らかにした。IPO株の販売についてはみずほ証が主幹事を務める案件のうち、発行体の意向があれば、委託販売会社として1株単位の少額で取り扱う予定だ。

 
今回はIPO委託幹事に来ない場合も有りますが、遅かれ早かれIPO委託幹事に来るので早めに口座開設は済ませておきましょう。(委託幹事発表後の口座開設は抽選参加に間に合わない場合が多いです)

新規承認時点でのBB参加スタンスと初値予想

現時点でのBB参加スタンスは、全力BB参加。

現時点の初値予想は「高騰」です。

IPO当選の為のオススメ証券会社

マネックス証券も幹事です。100%完全抽選配分で主幹事の次に当選確率が高い事も多い。

野村證券も幹事です。日本一巨大な証券会社。当選まで入金不要(タダ)でIPO抽選参加が出来る貴重な証券会社なのでIPO投資に必須です。

SMBC日興証券は、主幹事・幹事が多く、新規口座開設者はステージ抽選に参加が出来て当選確率がアップします。

SBI証券も幹事です。主幹事、幹事がとても多い。幹事の時はIPOチャレンジポイントを貯めて行きましょう。(1Pの価値は500円~3000円ぐらいの価値が有る。時には1p=9000円の価値になることも有る)

OneTapBUY(PayPay証券)が委託幹事に来るかも知れません。まだ口座開設がお済で無い方は早めの口座開設がオススメです。

合わせて、各証券会社のIPOルールを確認

シキノハイテック(6614) IPO詳細情報

シキノハイテック(6614) https://www.shikino.co.jp/

事業内容:半導体検査装置の開発・製造、LSIの設計およびIPコアの開発、カメラモジュールおよび画像処理システムの開発・製造

※スマホは横スクロール出来ます

市場 JQS
上場日 3/24
BB期間 3/8~12
購入期間 3/16~19
想定価格 390円
1枚当り 3.9万円
公開株数 1,230,000株
枚数 12300枚(公募11500枚・売出し800枚)
吸収金額 5.5億

当選確率・各社配分枚数

証券会社 完全抽選
予想枚数
当選確率
高順位
当選確率
推測有り
みずほ証券 1107 1 5.83%
マネックス
証券
36 2 0.19%
SBI証券 58 4 0.11%
SMBC
日興証券
18 6 0.05%
野村證券 55 5 0.10%
CONNECT 有り 有り 有り
楽天証券 有り 有り 有り
大和証券 46 3 0.14%

IPO投資オススメです。
IPO投資はタダで買える宝くじと言われております。宝くじはハズレても買ったお金は戻って来ません。

しかし、IPO投資は抽選にハズレたら全額戻って来ます。更に宝くじより当選確率が高い。

更にIPO投資を始める事前準備にも1円も掛かりません。

IPO投資を始めるには、IPO当選の為には、一つでも多くの証券会社の口座開設が必須!(口座開設は無料!口座維持費も入出金手数料も無料に出来ます)

抽選には1円も掛からない(資金は20万円位~必要)ので何度も参加していれば、その内に当選出来る確率が高い。更に、口座が1つ増えれば当選確率が単純計算で2倍に増えるので当選確率が上がります。

多くの口座開設とIPO投資の継続で数年後には大きな利益を得られている可能性が高い。IPO投資は早くから始めた方が収益チャンスを逃さずに済みますので早めの口座開設がオススメです。

IPO日本郵政の時は殆んどの証券会社が幹事に来ました。そして、殆んどの証券会社で大量に当選者が出て、多くの方々が大きな利益を得ました。私も約40万円の利益を得ました。「開設しておいて良かった」と思う日が来ますので一つでも多く開設しておきましょう。

こちらはオススメの証券会社です。上から順に口座開設を済ませておきましょう。
(口座開設申込みは5分も有れば完了出来ます)
CONNECT オススメNO1
PayPay証券 オススメNO2
マネックス証券  オススメNO3
SMBC日興証券 オススメNO4
東海東京証券 オススメNO5
DMM.COM証券 新証券会社
SBIネオモバイル証券 新証券会社
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
野村證券
岩井コスモ証券
GMOクリック証券
楽天証券
SBIネオトレード証券
auカブコム証券
丸三証券
大和証券
みずほ証券
三菱UFJ証券

IPOの準備で大変なのは初めだけです。また、口座開設申込は慣れて来ると3分位で完了できるようになります。多くの口座開設で当選出来る確率が高くなるので頑張って開設しましょう。

合わせて確認