2018年9月8日より、IPOルールが大きく変わりました。
変更の内容は、
・以前までは後期型でしたが新ルールでは後期型を廃止。(多くの証券会社と同様のルールになりました)
・以前までは抽選前に入金が必要でしたが、新ルールでは当選してからの入金で良くなりました。(資金不要でIPO抽選参加が出来る貴重な証券会社)

以下のルールは新ルールに修正済みです。

松井証券

IPO証券会社比較一覧表(口座数・主幹事数・抽選配分率・入出金振込み時間・キャンセル罰則など)こちらに御座います

<特徴>
ネット系証券会社です。70%以上、平等抽選に配分される。当選時まで入金不要(タダでIPO抽選参加可)なので少額投資家には助かる。

<年間の主幹事、幹事の回数>
日本郵政の幹事。幹事増加傾向にあります。委託幹事も多い。

<IPO抽選への配分量>
配分された全体の70%以上で多い。

<IPO抽選方法、申込み方法>
平等抽選。BB(抽選)期間中にネットから申込み。

<入金必要のタイミング>
当選または補欠当選してからの入金で良い。

<資金拘束>
当選または補欠当選して、購入申込期間最終日の15:30時点。

<同一資金、重複申込み>
BB時は入金不要なので可能です。

<キャンセルペナルティー>
当選後のキャンセルのペナルティーは無しになりました。

<総評>
IPO抽選参加が入金不要な貴重な証券会社なので口座開設必須です。また、子供口座も開設できます。更に、70%完全抽選配分で当選確率も高い。日本郵政グループで当選者大量でした。委託幹事も増加しているので早めに口座開設がオススメです。

<当選実績>
日本郵政グループで当選しました。当選報告も非常に多いです。

松井証券 口座開設はこちら
5分も有れば申込み完了出来ます。