IPO当選~購入~売り方~出金方法(注文時間・方法・気配上限値幅・初値売り・出金・注意点など)まとめました。

IPOが見事当選したら初値がいくらになるか、初値予想がとても気になりますね。ドキドキ、ワクワク、いろいろ妄想するのが、一番楽しい至福の時です。

しかし、当選~IPO株売却するまでに必ずやる事が有ります。難しくは無いですが、忘れると「失効した上に更にペナルティー」など、とんでもない痛い目に遭いますので、確認作業を怠らないようにしましょう。(大ダメージで辛いです)

実際にS級IPOを「購入申込み」忘れで、数十万円の利益を貰い損ねた方が、いらっしゃいますので御注意下さい。

<購入申込み>
当選したら、絶対に忘れていけないのは「購入申込みです」
(IPO後期型証券会社=岩井コスモ証券カブドットコム証券等は、抽選前に購入申込み完了しています)

抽選発表日が、購入申込み期間前の場合、翌日以降に「購入申込み」を完了させます。また、三菱UFJ証券など、購入申込み期間が極端に短い場合が有るので、購入申込み期間の初日に済ませた方が良いです。

ネットの操作方法は各証券会社で異なりますが、必ず最後に「購入申込み完了」の確認画面が有るので、絶対に確認して下さい。

次は、いよいよ「売り注文」です。
購入したIPOは、直ぐに売り注文を出して置く事は出来ません。初めて当選した方は、購入申込み直後に売り注文が出せなくて「本当に購入出来ているのか」と、不安になりますが大丈夫です。

<売り注文の出せる時期>
証券会社により異なりますが、早いところで上場日の前営業日の夜~です。多くの証券会社は、上場日の前営業日の翌日早朝~です。(月曜日が上場日なら、土曜日の早朝~売り注文が出せます)(月曜日以外の上場日なら、当日の早朝~売り注文が出せます)

早朝の時間は、5時~または6時~の証券会社が多いです。三菱UFJ証券、大和証券、東海東京証券・岡三証券などは、上場日の当日の早朝~注文できます。

<売り注文方法>
「指値注文」か「成行」注文で出します。成行注文が出せない場合もあるので、その場合は指値注文になります。指値注文とは、その指定した金額以上の時に、売り注文が約定します。

例 指値1000円の場合 999円以下なら売れない。1000円以上なら売り注文発動。初値1200円なら1200円で売り確定。成行注文とは、寄り付いた金額で、売り確定。

私は、基本は初値売りですが指値注文です。「これ以上、下値で寄り付かないであろう」と思う金額で指値注文を入れてます。過去に、超超安値で寄り付いたジェイコム事件が有りましたのでその影響ですね。

今は、そんな事は起こらないとは思ってますが何が起こるか分かりませんので。

IPO上場日の気配上限値幅について説明させて頂きます。
(気配上限とは、その日の値幅の最高値の事)上場日の気配上限価格は、公開価格の2.3倍まで(小数点以下が生じた場合は整数値への切上げ )

気配更新は上方向に、公開価格の5%ずつ(更新時間10分)、上場日の気配下限価格は、公開価格の0.75倍まで気配更新は下方向に、公開価格の5%ずつ(更新時間10分)

<初値売りが鉄則>
資金に余裕のある方は、長期保有も有りだと思います。しかし、少額IPO投資家は、資金を次のIPOに廻して、コツコツ利益を積み重ねていく事が必須です。

また、IPO投資の優位性は当選した者だけが享受できる、公開価格~初値までの上昇値幅の利益です。初値後は、ザラバ勝負です。いわゆるIPOセカンダリー投資になりますので、それなりの覚悟が必要になります。

IPOセカンダリーで初心者が勝ち続ける事は有り得ません。例えば、初値売りせずに思い通りに株価が上がって高値で売れたとしましょう。ここで良い思いしたら、次の時も初値売りしないでしょう。次も上がれば良いが。その次は。。。

逆に、初値より下がって売れば、初値売りしておけば良かったと後悔するでしょう。初値後は値動きが激しいので、初心者には上手く売買出来ません。

初心者の方やIPO投資で長期間コツコツ稼ぐ方は、「初値売りルール」が一番簡単に勝ち易い方法です。また、注意点として、IPO初値予想は実際の初値が付いた後は殆ど意味が有りません。

初値予想よりも、大きく下げて初値が付いたから、上値余地が有るだろうと思うのは、大変な間違いです。初値後(セカンダリー)は短期資金流入量が値動きに大きく影響します。

<出金可能日>
売却した日より、3営業日後~出金は可能ですが、その翌日振込の証券会社も多いです。その場合は4営業日後に入金されます。最大で4営業日の資金拘束が発生するので御注意下さい。

少しでも、皆様の参考になれば幸いです。