ウェルスナビ、年内にも上場

日本経済新聞より一部抜粋。

ウェルスナビ、年内にも上場 資産運用フィンテックで初 今年最大規模


2020/10/18付日本経済新聞 朝刊
個人投資家の資産運用を金融工学を使って自動で指南するウェルスナビ(東京・渋谷、柴山和久社長)が、株式の上場を東京証券取引所に申請したことが分かった。承認を受け、年内にも上場する見通し。資産運用のフィンテックとしては初の上場で、今年最大規模の新規株式公開(IPO)になるとみられる。

上場で調達した資金は技術者の採用など開発体制の拡充や新サービスの開発、マーケティングに充てる。コンテンツが入ります。コンテンツが入ります。

これは楽しみですね。

私も100万円投資中で約30万円の利益が出ているので、とても信頼しているロボアドバイザー投資です。

オススメのロボアドバイザー投資

Wealth Navi ウェルスナビは富裕層も行っている分散投資を自動で可能にしています。

少額の長期投資が最も勝ち易いです。(少額で積立が手堅い)

分散投資の中で米国株価指数に連動した投資比率が高く、入金するだけで簡単に少額から行えるのがロボアドバイザーWealth Navi ウェルスナビ

私も100万円入金して再開しました。入金(手数料無料)するだけで夜には自動で投資が開始されます。

現在は約30万円の利益が出ております。今後、長期間投資で更に利益が増えるのを楽しみにしています。

私の場合、30年後に100万円が70%の確率で225万円以上になるそうです。(あくまでも平均値です)

Wealth Navi ウェルスナビ 口座開設はこちら 3分も有れば、申し込み完了出来ます。

投資の注意点は少額で行う事です。「ウェルスナビ」は10万円~投資可能で、毎月の積立額が5000円~投資可能です。

メリットは手数料が安く、配当も出る。更に自動で最適なバランスで投資を継続してくれます。

なぜ、米国株価指数がオススメなのか?

なぜ、米国株価指数に連動した投資が有利かと言うと、米国株(指数)は常に右肩上がりで成長を続けているからです。(暴落すると何処まで下がるかは分からないので少額投資は必須です)

こちらは米国株指数で最も有名な「NYダウ平均株価」の指数です。

こちらも良く使われる米国株指数「S&P500」と「ナスダック総合指数」です。

「NYダウ平均株価」とは、ダウ・ジョーンズ社が平均株価として開発したもの。優良な大型企業30銘柄から計算した平均株価。

「ナスダック総合指数」とは、アメリカの電子株式市場「NASDAQ」に上場している3,000以上の銘柄の指数。マイクロソフトなどのハイテク関連企業、グーグルなどのインターネット関連企業が数多く上場。

「S&P500種指数」とは、時価総額をベースにした指数。工業株400種、運輸株20種、公共株40種、金融株40種の各指数で約40業種。ニューヨーク市場の時価総額の約75%をカバー。

短期間では株価は暴落や歴史的大暴落も有りますが、長期間で右肩上がりになるのは必然とも言われております。なぜ必然かと言うと、株価は全世界で国や企業や人々が株価を上げる為に経済活動を行うからです。(一例として株価が暴落すれば株価を回復させるために各国が様々な経済対策や市場介入を必ず実施します)

更に米国の株価が堅調に右肩上がりを続けているのは、人口も右肩上がりで増加している事と個人の株式投資が一般的に浸透しており、更に資産の中の高い比率で株式投資が行われています。(アメリカ人の気質も楽観的な方が多い事も影響しています。)

これにより米国は株価を上げておけば大統領の支持率は高くなります。逆に株価が下がれば支持率は大きく低下します。なので大きな権限を持つ大統領は株価を上げる為に、日本と比較にならない大きな経済対策を実施します。この経済対策により長期間では右肩上がりを継続して行く大きな力になります。

日経平均株価との比較

こちらは日本の「日経平均株価」です。

日本はバブル崩壊から回復には至っておりません。(1989年12月29日、日経平均の史上最高値38,915円)日本株は今後も上昇か下降か方向性の判断が非常に難しい。

この様に米国株との比較から、投資に有利(勝ち易い)なのは圧倒的に米国株と言えるでしょう。

しかしながら、米国の企業単体の株を買うのはリスクも大きくなので、手堅いのは米国株価指数に連動した投資を行うのが得策です。

直接、米国株価指数に投資する方法

米国株価指数の動きを見ながら、直接「米国株価指数」に投資する方法もあります。オススメはGMOクリック証券です。(数万円~投資可能)

GMOクリック証券のCFD取引は「NYダウ=米国30」「S&P500=米国S500」「米国恐怖指数=米国VI」が全て取引可能。全て可能なのはGMOクリック証券だけです。更に手数料も業界最安水準。更に数万円~投資可能です(IPO当選確率が高いのでIPO投資でも開設オススメ)

NYダウを取引するなら、岡三オンライン証券の「くりっく株365」です。手数料が安く、配当も貰える。資金は数十万円以上必要。(IPO投資でもタダ(資金不要)でIPO抽選参加が出来るのでオススメ)