IPOに限らず各銘柄の5分足チャートは日が経つと見ることが出来なくなります。

今後、IPOセカンダリーの分析に活用できる資料として、このページで随時追加して更新して参ります。

IPO浜木綿(7682) 2019.10.18

9月まではIPO初値低迷していましたが、10月~IPOの初値高騰の流れが来ました。

浜木綿 
公開価格2120円 初値2950円
一撃8.3万円の利益です。

当選者の皆さんおめでとう御座いました。


初値形成後は、3400円まで高騰しましたが、その後は買いが入らず、大引けでは大きく沈みました。明日以降の高騰に期待

ワシントンホテル(4691) 2019.10.18

ワシントンホテル 
公開価格1310円 初値予想1462円
一撃15200円の利益です。

当選者の皆さんおめでとうございました。


セカンダリーも高騰しています。東証2部銘柄は好調が続いています。

アンビスホールディングス(7071) 2019.10.09

久々に初値が飛びました。初値予想3,300円に対して、初値4,260円でした。当選者の皆さんおめでとう御座いました。

アンビスホールディングス
公開価格2800円 初値4260円
一撃14.6万円の利益です。

初値形成後は揉み合い。明日以降どうなるか注目です。

HENNGE(4475) 2019.10.08

HENNGE 
公開価格1400円 初値2001円
一撃6万円の利益です。

ちょっと物足りない利益になりましたが、当選者の皆さんおめでとうございました。


セカンダリーは沈んでいます。

AI CROSS(4476) 2019.10.08

AI CROSS 
公開価格1090円 初値1800円
一撃71000円の利益です。


前場終了前に初値形成し、後場で一気にストップ高へ。明日以降も高騰して欲しいですね。

IPOチャレンジポイント1P単価は406円。残念ながら今年最安になりました。

IPOチャレンジポイント予想、実績の最新版はこちら

レオクラン(7681) 2019.10.02

公開価格2700円 初値2920円
一撃2.2万円の利益でした。

久々に初値高騰、セカンダリー高騰が来ました。

初値2,920円でBB開始時点の初値予想よりも高騰しました。また、セカンダリーでも早い時間で一気にストップ高に貼り付き大引けになりました。

パワーソリューションズ(4450) 上場2日目 2019.10.2

公開価格2000円 初値5110円
一撃31.1万円の利益でした。

上場2日目も買い気配スタート。早い時間で寄付きました。初値は予想よりも高騰して良かったですが、セカンダリーはパッとしない値動きで大引けになりました。

パワーソリューションズ上場初日は寄らず

良い感じの強い買い気配で初日は終了しました。本日は4600円の買い気配で終了。

Chatwork(4448) 2019.9.24

公開価格1600円 初値1480円
一撃-12000円の損失です。

残念ながら公募割れになりました。当ブログの初値予想では、全力BB参加を表明しての公募割れ結果を深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

今回の結果を踏まえて、今後も初値予想の精度向上に努めて参ります。


セカンダリーもダダ下がりの状況でした。相変わらず、初値低迷の流れが続いています。

ギフティ(4449) 2019.9.20

公開価格1500円 初値1880円
一撃3.8万円の利益でした。

画像は初心者~上級者まで大人気の楽天証券マーケットスピード(口座が有れば無料で使用出来ます)

初値は予想よりも低くなりましたが、セカンダリーでは久々に買いが入りました。

サイバー・バズ(7069) 2019.9.19

公開価格2300円 初値4000円
一撃17万円の利益でした。

初値を付けた後は一気に上昇したが、その後はダダ下がり。相変わらずセカンダリーに資金が入って来ません。後場は大きく値を下げました。

画像は初心者~上級者まで大人気の楽天証券マーケットスピード(口座が有れば無料で使用出来ます)

アミファ(7800) 2019.9.19

公開価格660円 初値は910円
一撃25000円の利益でした。

初値は良かったですが、相変わらずセカンダリーに資金が入って来ません。パッとしない展開で大引けになりました。

画像は初心者~上級者まで大人気の楽天証券マーケットスピード(口座が有れば無料で使用出来ます)

ピービーシステム(4447)2019.9.12

初値予想を大きく下回る初値形成。その後もダダ下がりで大引けになりました。

公開価格1380円 初値1950円(初値予想は2650円) 
一撃57000円の利益でした。

福証なので、チャートはSBI証券のハイパートレードです。マーケットスピードと同様に人気が有ります。

ステムリム(4599)2019.8.9

ステムリム上場しました。公募割れです。セカンダリーもパッとしない展開になりました。

公開価格1000円 初値930円
一撃7000円の損失です。

チャートは、初心者~上級者まで幅広く人気の楽天証券のマーケットスピードのチャート画像です。楽天証券のマーケットスピードは楽天証券に口座開設すれば無料で使う事が出来ます。

ツクルバ(2978) 2019.7.31

IPOツクルバ上場、初値は公募同値になってしまいました。

公募価格と同値で寄付きました。私も大和証券で1枚当選していましたが手数料負けになってしまい残念です。

公開価格2050円 初値2050円

初値形成後もパッとしない展開で大引けになりました。(画像は楽天証券のマーケットスピード

ブシロード(7803) 2019.7.29

SMBC日興証券で当選が多かったブシロード上場、上場初日の午前中に寄付き、BB開始時点の初値予想平均2350円より、若干下がった初値に。

公開価格1890円 初値2204円 一撃31400円の利益になりました。当選者の皆さんおめでとうございました。

初値後は、最近の上場済みIPOと同様にパッとしない値動きになりました。

ビーアンドピー(7804) 2019.7.24


上場直前の初値予想2600円よりも、更に下げた2400円で初値形成。その後もパッとしない値動きで大引けになりました。

Link-U(4446) 2019.7.18


初値形成後、若干上げてから、大きく下げたが、大引けで初値まで戻って来た。明日以降の値動きに注目。

フィードフォース(7068)2019.7.8


上場初日は1.7倍の買い気配で寄らず。上場2日目の早い時間に寄り付きました。上場1日目より、やや上げての初値形成。
一時はストップ高付近まで上昇したが、大引けで売られる。

IPO投資オススメです。
IPO投資はタダで買える宝くじと言われております。宝くじはハズレても買ったお金は戻って来ません。更に高額当選は非常に難しい。

しかし、IPO投資は抽選にハズレたら全額戻って来ます。1円も掛かりません!更に宝くじより当選確率が遙かに高い!更にIPO投資を始める事前準備にも1円も掛かりません!

IPO投資を始めるには、IPO当選の為には、一つでも多くの証券会社の口座開設が必須!(口座開設は無料!口座維持費も無料!入出金手数料も無料!)

抽選には1円も掛からない(資金は20万円位~必要)ので何度も参加していれば、その内に高額当選も出来ます。また、口座が1つ増えれば単純に当選確率が2倍に増えるので当選する日も早くなります。

多くの口座開設とIPO投資の継続で数年後には大きな利益を得られているでしょう。IPO投資は早くから始めた方が収益チャンスを逃さずに済みますので早めの口座開設がオススメです。

IPO日本郵政の時は殆んどの証券会社が幹事に来ました。そして、殆んどの証券会社で大量に当選者が出て、多くの方々が大きな利益を得ました。私も約40万円の利益を得ました。「開設しておいて良かった」と思う日が必ず来ますので一つでも多く開設しておきましょう。

こちらはオススメの証券会社です。上から順に口座開設を済ませておきましょう。
(口座開設申込みは5分も有れば完了出来ます)
大和証券 オススメNO1
SMBC日興証券 オススメNO2
東海東京証券 オススメNO3
DMM.COM証券 新証券会社
SBIネオモバイル証券 新証券会社
マネックス証券
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
野村證券
岩井コスモ証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券 タイアップ2000円貰える
カブドットコム証券
丸三証券
立花証券
みずほ証券
三菱UFJ証券

IPOの準備で大変なのは初めだけです。また、口座開設申込は慣れて来ると3分位で完了できるようになります。必ず当選出来る時が来ますので頑張って開設しましょう。

合わせて確認