2019.4.10リリース SBI証券が出資!国内初のTポイントで投資が出来る証券会社!

満を持して、モバイル専用のSBIネオモバイル証券がリリースされました。

株主はSBI証券とCCC マーケティングの最強タッグです。安心と安定感は十分。更にサービス内容も素晴らしい。

SBIネオモバイル証券の詳細記事はこちら

IPOルール 当選状況・抽選配分・資金拘束など

現在、IPO取扱いの発表は有りませんが、過去に同様なモバイル証券のOne Tap BUY証券が、いきなりIPO取扱いを発表しました。この時は、IPO取扱い発表後、口座開設者が殺到して、抽選参加に間に合わない方も多く発生しました。

IPO取扱いが業界トップクラスのSBI証券が親会社なので、今後IPO取扱いの可能性は非常に高いと思われます。

取扱いが有れば、SBI証券から配分されて、1株単位で抽選が行われるので、当選確率も高まる感じになるでしょう。

IPO取扱い発表後ではIPO抽選に間に合わない場合も多いので、IPO取扱い発表の前に口座開設は済ませておきましょう。

通常であれば口座開設にかかる日数は、不備が無ければ最短で4営業日程度です。

SBIネオモバイル証券 口座開設はこちら 5分も有れば申込み完了出来ます。

各手数料について

手数料は毎月(1ヵ月の約定合計額が0円~50万円以下の場合、月額200円+消費税)掛かりますが、Tポイントが毎月200P貰えるので、ほぼ0円での投資が可能です。

※付与するポイントは、期間固定Tポイントです。当社以外では利用できません。また、サービス利用料にも使用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

更に、「一時停止」も出来るので、長期間取引しない場合も手数料を気にする事無く放置可能です。

※サービス利用状況を「一時停止」とすることで、手続きを行われた月の翌月より一時停止となります。翌月のサービス利用料の徴収(翌々月決済)を停止することができ、一時停止後、解除されるまでの間、サービス利用料の請求は行いません。
なお、一時停止中もお取引には制限はありませんが、お取引が約定した場合、当該約定日の属する月より一時停止を解除し、サービス利用料の請求を再開します。また、一時停止中はサービス利用料の請求を行わないため、サービス利用料のお支払に伴うポイントの付与は行いません。

更に入金手数料は、住信SBIネット銀行からは振込手数料が無料です。(他の銀行は振込手数料が掛かります)住信SBI銀行 口座開設はこちら

出金時の手数料は、他の銀行でも無料です。