IPOを扱う証券会社で、他社と全く異なる方法で配分決定をしているのがSBI証券です。

SBI証券のIPOルールを、まだ、お解りで無い方は先にこちら SBI証券IPOルール 当選状況・抽選配分・資金拘束の記事を御確認下さい。

抽選申込み枚数に比例して、当選確率がアップするシステムの証券会社は、SBI証券と楽天証券だけです。

とにかく資金の多いお金持ちが圧倒的に有利なシステムです。なかなか、少額投資家には当りません。しかし、その代わりに「IPOチャレンジポイント」システムが有ります。このシステムが凄い。

解りやすく説明すると、抽選にハズレると1銘柄毎に1ポイントが貯まります。有効期限は無いので貯め続けると、IPOが必ず当選出来るというシステムです。

最近は4年で400Pぐらい貯まります。私も過去に212P使用でS級IPOを300株も当選出来ました。一撃84万円の利益で、1P単価は約4,000円でした。

このシステムは、少額投資家にも大きな魅力です。1ポイントの価値は1500円~5000円位の価値が有ります。(P使用したIPO銘柄が爆上げしたら1P=9000円の価値になった事も有ります)

この「金持ち優遇抽選」と「IPOチャレンジポイント」の両システムで、バランスをとり、お金持ちと少額投資家を囲い込む。うまく考えられてますね。

IPO投資は、SBI証券のポイント獲得だけでも、継続する価値が有ります。資金50万円で4年間、IPO抽選参加すれば400Pぐらい貯まります。4年後、S級IPO当選して50万円利益獲得した場合、年利25%の驚異的利益です。

私の投資歴は約10年で、途中の数年間、IPOチャレンジポイントを貯めていなかった時期の事を今でも後悔しています。「面倒だし、数年後ポイント制度改悪して意味無くなるな」などと、勝手に考えてましたが10年経った今も同じポイント制度です。

正に「継続は力なり」ですね。このように特殊なシステムがあるので、それに合わせた攻略法が必要です。では、パターン別で攻略してみましょう。

★BB(抽選申込み)時に、資金が余っている場合
余っている資金を全てSBI証券に集中させて、抽選有効枚数を増やして当選確率をアップさせましょう。また、SBI証券が主幹事の時や配分枚数が多い時は、更に頑張って資金を集中させましょう。飛躍的に当選確率アップします。

★BB(抽選申込み)時に、資金が無いが、抽選日には資金が増える可能性が有る場合。
BB申込み枚数を抽選日に増える可能性が有る金額分より多めに申込みします(超大型IPO以外は、常に10000株や10万株などでも良いです)

抽選日に申込み全枚数分の余力が無くても失格にはなりません。買付余力分だけの枚数が抽選されます。

★他のIPO銘柄が同時期に被り、SBI証券のBB参加の優先順位をどうするか迷う場合。
まず、SBI証券の抽選申込み枚数は多めに申し込みます。そして抽選日までに、どの証券会社に入金するべきか、いろいろな考えが有るので正解は無いですが、私の場合、各銘柄の主幹事を第一優先にします。

その次に、IPOチャレンジポイント狙いでSBI証券のBBを優先します。

★ポイントをどれぐらい貯めれば、IPO当選出来るのか?
IPOチャレンジポイントのボーダーラインや実績、最新記事はこちら
2018-09-29 01 13 12.png
凄い利益率です。改めてコツコツ貯めるべきと実感。

★貯めたポイントを使用する場合
現在のシステムは、有効抽選申込み枚数(資金枠)とポイント使用数は別物です。以前は、有効申込み枚数☓ポイント使用数=有効抽選枚数でした。

有効申込み枚数(資金枠)で当選しても、その時に使用したポイントは消滅しますので、ポイントのムダ遣いに御注意ください。

★ポイントを大量使用時の注意点
ポイント使用で複数セット当選(3枚セットなど)を見込んで、大量にポイントを使用した時は、資金枠で当選しないようにした方が良いです。(3枚セットなら=300株で抽選参加するのが良いです)

これは、投入したポイントが当選ボーダーライン以下だった場合に、資金枠で当選して1枚しか当選しない事態を回避する為です。3枚当選を目論んでの1枚当選は残念な結果となります。

1枚当選するなら、落選して次の優良IPOに大量使用した方が得です。ポイントと資金の両方を投入して良いパターンは、ポイントを「これで1枚でも当たればラッキー」と思えるポイント投入量なら、資金枠でも当選は嬉しいので、資金を入れる価値が有ります。

少額投資家はSBI証券で年間で1銘柄ぐらい当選できたら良い方だと思いますので、気長にコツコツ当選を待ちましょう。

「通常の5倍!アツいぞSBI証券 IPOチャレンジポイント増額キャンペーン」のポイントが2018.8.17反映されました。(2018/6/19(火)~2018/7/13(金)の期間で実施された分)

「これは10万円の価値に匹敵します」と読者の皆様にお伝えしておりましたが、最終時点では更に価値が高まり13銘柄が対象になっていましたので、+52P増額されました。

1P=3000円なら、15万円以上の価値が有る計算になります。私の場合、家族4人なので、合計+208Pも増額で頂きました。この様なキャンペーンはポイントのインフレ化を招くのであまり実施して欲しくないですが。。。

口座開設を済ませている人、常に淡々とIPO抽選参加している人が得するキャンペーンなので、一概に良くないとは言えないですけど。

今後も同様なキャンペーンを実施するはずなので、口座をお持ちで無い方はSBI証券の口座開設を急ぎましょう。

2018.6.20 ポイントUPのキャンペーンも不定期に有るので早く口座開設するのがお得です
通常の5倍!アツいぞSBI証券「IPOチャレンジポイント増額キャンペーン」が来ました

これは10万円の価値に匹敵します。デカいですね。口座をお持ちで無い方は口座開設を急ぎましょう。2018/6/19(火)~2018/7/13(金)の期間で獲得したIPOチャレンジポイントが5倍になります。

因みに、この期間のIPO銘柄は現時点で4銘柄です。4銘柄で5倍なので、20P獲得です。

SBI証券IPOチャレンジポイントの1Pの価値は、1500円~5000円位の価値が有ります。(P使用したIPO銘柄が爆上げしたら1P=9000円以上の価値になった事も有ります)

これが今回のキャンペーンでは通常1Pが5倍!対象のIPO銘柄が4銘柄有るので、通常なら4P獲得が5倍の20P獲得になります。1P=5000円で計算すると、20Pなので10万円の価値に匹敵します。

今回のアツいぞSBI証券「IPOチャレンジポイント増額キャンペーン」の説明です。(クリックで拡大)
2018-06-20 01 10 49.jpg

「IPOチャレンジポイント増額キャンペーン」の詳細(クリックで拡大)
2018-06-20 01 12 01.jpg
エントリーは不要なので、今までとやることは何も変わりません。(8月中旬に追加付与分の対象銘柄×4Pが付与されます)