IPOソフトバンクは先月に上場したので、今月末にTOPIX組み入れになります。大きな買い需要になるので、それまでの間に株価が上がり易いと言われていますが、実際に過去の超大型IPOが、どうだったのか調べてみました。

近年の超大型IPOの初値売りの利益は、以下の状況でした。
ソフトバンク2018.12 公募1500 初値1463 1枚-0.37万円
佐川急便  2017.12 公募1620 初値1900 1枚+2.8万円
JR九州  2016.10 公募2600 初値3100 1枚+5.0万円
LINE  2016.07 公募3300 初値4900 1枚+16万円
日本郵政  2015.11 公募1400 初値1631 1枚+2.3万円

改めて見てソフトバンクの初値は残念でなりません。

初値後~TOPIX組み入れまでの値動きの表です。(スマホ画面は表を横スクロール出来ます)

銘柄 上場日 公募価格 初値 翌月末の大引
の株価
公募と翌月末の
大引けとの差異
日経平均の株価
(初値日~翌月末の
差異)
佐川急便 2017.12 1620 1900 2530 +910 +219
JR九州  2016.10 2600 3100 2962 +362 +1010
LINE 2016.07 3300 4900 4410 +1110 +491
日本郵政 2015.11 1400 1631 1865 +465 +92

上記の表を見ると、JR九州とLINEは、初値よりも翌月末の方が値を下げています。

初値が高騰し過ぎずに、日経平均に急激な変化が無ければ、上がり易い傾向に有るかも知れませんが、トピックス組み入れに期待し過ぎるのは危険も伴う感じになっています。

本日は、1,425円で終えているソフトバンクですが、公募価格の1,500円を超える日が来るでしょうか。今後も注目して行きます。

ソフトバンク上場の噂~現在までの歩みを完全網羅

こちらオススメです。
DMM.COM証券 今後IPO取扱い有るかも。フル板無料サービスも有り、手数料も最安水準で開設の価値が高い!

最近でもワンタップバイ証券が、いきなりIPO取扱いを開始した例も有るのでDMM.COM証券がIPO取り扱うのも時間の問題と思われます。

以前に、ライブスター証券もIPO取扱いが、いきなりでしたので早めの口座開設は済ませておくのが良さそうです。(委託幹事で来ると、発表後ではIPO抽選参加に間に合いません)

更に、今なら口座開設で3カ月間手数料無料。更に抽選で2000円も貰えます。

更に、フル板無料サービスも有ります。これは超得なので利用しましょう。IPO投資に於いてフル板を見れると有利に売却が可能になる等、大きなメリットが有ります。

DMM.COM証券 手数料が激安で、フル板も見れるので、私もメイン口座にしました。

最近では無料でフル板を見れる証券会社は貴重ですので、この機会にDMM.COM証券の口座開設がオススメです。

フル板の無料使用条件など(画像クリックで拡大)

サービス期間終了後のフル板無料条件
信用取引口座開設済の場合⇒継続して利用可能です。または信用取引口座未開設の場合⇒現物取引の売買約定日翌日から翌月末まで利用可能です。

サービス期間終了後もこれだけの条件でフル板が使用出来るので価値が有ります。

5分もあれば口座開設申込み完了出来ます。尚、既にFX口座をお持ちの方は1日で開設完了になります。DMM.COM証券口座開設はこちら

手数料が業界最安水準なので、メイン口座にするのも良いでしょう(クリックで拡大)

更にポイントも貯まります。嬉しいですね(クリックで拡大)

FXでも使い易い人気のDMM.COM証券なので、今後も沢山のサービスも期待できると思います。楽しみです。