まだ、日程は明らかにされていませんが、再上場の方針決定の情報がBloombergより発表されました。

Bloombergより、記事抜粋
ウォルマート、西友株を過半数保有しつつ日本で上場目指す
堀江広美、黄恂恂
2019年6月26日 16:11 JST 更新日時 2019年6月26日 16:43 JST

ウォルマート・ジャパン・ホールディングスと西友が26日、今後3年間の事業計画を発表し、西友株について日本での再上場を目指す方針を明らかにした。ウォルマートは西友株の過半数を保有しつつ上場方針を支援する。

両社の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるリオネル・デスクリー氏は、従業員向けの事業計画で、日本で積極的に投資する考えを示した。店舗の改装を実施し、生鮮食品と総菜の販売に注力するほか、実店舗とオンラインを組み合わせた事業展開を目指す。ウォルマートの強みである特売日を設けない「エブリデー・ロー・プライス(EDLP)」(毎日安売り)の戦略もさらに推進する。

ウォルマートは西友と2002年に包括的業務提携契約を締結。当初は西友株6.1%を保有していたが、その後段階的に買い増して08年に完全子会社化した。提携開始当初までは業績の低迷が続いたが、ウォルマートのEDLPで収益の回復を図ってきた。

日本経済新聞は昨年7月、ウォルマートが西友を売却する方針を決定したと報じたが、ウォルマートはこの報道を否定。電子メールで配布した発表資料で「ウォルマートは西友売却の決定を下しておらず、買い手候補との協議を一切行っていない」と説明していた。

西友の広報担当、村田弦也氏は電話取材に対し、上場の時期や想定価値は今後検討するため、現時点で発表できることはないとコメントした。

初値爆上げは難しい(初値やや上げの可能性が高い)ですが、IPO市場の盛り上がりの為にも、早くIPO上場を期待したいですね。

こちらオススメです。
IPO投資はタダで買える宝くじと言われております。宝くじはハズレても買ったお金は戻って来ません。更に高額当選は非常に難しい。

IPO投資は抽選にハズレたら全額戻って来ます。1円も掛かりません!更に宝くじより当選確率が遙かに高い!更にIPO投資を始める事前準備にも1円も掛かりません!

こちらは、IPO投資と宝くじの100万円の当選確率比較 比較の詳細記事はこちら
ナンバーズ4 購入費200円 当選確率0.01% 抽選倍率1万倍
IPO Welby  購入費0円 当選確率0.2% 抽選倍率500倍

※ちなみに「ジャンボ宝くじ」で100万円の当選確率は0.001% 抽選倍率10万倍です。

IPO投資を始めるには、IPO当選の為には、一つでも多くの証券会社の口座開設が必須!(口座開設は無料!口座維持費も無料!入出金手数料も無料!)

抽選には1円も掛からない(資金は必要)ので何度も参加していれば、その内に高額当選も出来ます。また、口座が1つ増えれば単純に当選確率が2倍に増えるので当選する日も早くなります。

多くの口座開設とIPO投資の継続で数年後には大きな利益を得られているでしょう。IPO投資は早くから始めた方が収益チャンスを逃さずに済みますので早めの口座開設がオススメです。

IPO日本郵政の時は殆んどの証券会社が幹事に来ました。そして、殆んどの証券会社で大量に当選者が出ました。「開設しておいて良かった」と思う日が必ず来ますので一つでも多く開設しておきましょう。

こちらはオススメの証券会社です。上から順に口座開設を済ませておきましょう。
(口座開設申込みは5分も有れば完了出来ます)
大和証券 オススメNO1
SMBC日興証券 オススメNO2
東海東京証券 オススメNO3
SBIネオモバイル証券 新証券会社
マネックス証券
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
野村證券
岩井コスモ証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券 タイアップ2000円貰える
カブドットコム証券
丸三証券
立花証券
みずほ証券
三菱UFJ証券

IPOの準備で大変なのは初めだけです。また、口座開設申込は慣れて来ると3分位で完了できるようになります。必ず当選出来る時が来ますので頑張って開設しましょう。

合わせて確認