子供口座(未成年口座)開設可能な証券会社が増加中です。お子様がいらっしゃる方にとって、お子様の証券口座開設はIPO当選確率アップや株主優待獲得において、とても大きなメリットが有ります。

しかし、目先の利益だけの為だけでは無く、将来には、しっかり投資教育を実施する事が親の責任であると考えております。

海外では日本と比べると未成年者への投資教育が積極的に行われておりますが日本では、まだまだですね。

様々な考え方が有りますが経済を知る事、正しい資金管理、詐欺被害回避、投資リスクについて等を未成年の時から学ぶ事は大切な事だと思います。

未成年口座(子供口座)口座の開設が出来てIPO抽選参加ができる証券会社は、
松井証券
岡三オンライン証券
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
auカブコム証券

0歳~口座開設可能です。親権者が法定代理人になり開設するので当然、借名取引(違法行為)には、なりませんので御安心下さい。

IPO投資は1人増えればIPO当選確率が2倍になるので早く開設した方が当選チャンスが増えます。

岡三オンライン証券は無料でIPO抽選参加が可能な貴重な証券会社です。私も2018年1月に子供口座開設申込み済ませました。

マネックス証券で子供口座でもS級当選しました。初値売りで17万円も利益を頂きました。
当選時の記事は、こちら

淡々と記事は書いてましたが凄く嬉しかったです。

SBI証券は、IPOチャレンジポイントが落選でも貯まるので、早く開設した方が、よりお得です。1ポイント500円~9000円ぐらいの価値が有ります。

2016.3.31 約2年間貯めたIPOチャレンジポイントで子供2口座で、なんと52万円もの利益を頂きました。(1P単価は2700円でした。大満足)当選時の記事は、こちら

楽天証券は株主優待タダ取りにも必須!手数料業界最安水準で、初心者~プロまで愛用しているマーケットスピードが使える。私もメインで使っています。

松井証券は2017年~幹事が増加して来たので、私も子供口座開設しました。無料でIPO抽選参加が可能な貴重な証券会社です。当選報告も多いので今後の当選が楽しみです。

auカブコム証券は抽選後期型で当選チャンス有ります。三菱UFJ証券が主幹事の時は当選確率が高いので狙い目。