SBI証券

IPO証券会社比較一覧表(口座数・主幹事数・抽選配分率・入出金振込み時間・キャンセル罰則など)こちらに御座います

<特徴>
ネット系の最大手証券会社です。主幹事、幹事がトップクラスです。ネット配分は約45%(実際の配分に基づく)資金量が多いほど圧倒的に優遇される。

少額投資家には凄く嬉しいIPOチャレンジポイントがある。(抽選にハズレると1P貯まる。貯めればS級IPOも当選出来る)

<年間の主幹事、幹事の回数>
トップクラスです。

<IPO抽選への配分量>
配分された全体の約45%(実際の配分に基づく)とても多い。

<IPO抽選方法、申込み方法>
BB(抽選)申込み株数に比例して抽選。資金量が多いほど当選確率が上がる。BB(抽選)申込み期間中にネットから申込み。とりあえず多めに申し込むのがコツ。抽選時には、買付余力に応じた分だけ抽選されます。(超大型IPOでは買付余力の最大で当選する場合があるので安易に多めの枚数でBB申込みは避ける)

<入金必要のタイミング>
抽選時まで入金不要。抽選時に買付余力分が有れば良い。

<資金拘束>
抽選後、当選か補欠当選で自動資金拘束有り。

<同一資金、重複申込み>
抽選後、自動資金拘束なので重複申込み可能です。注意点として、重複銘柄の同日抽選の場合は、重複銘柄を合わせた買付余力分を入れておくのが確実。(私もソフトバンクのIPO時に他銘柄も同日抽選でしたが、先にソフトバンクの抽選が行なわれ買付余力分が全当選。その結果、買付余力が使い果たされ、買付余力無しになり他銘柄が抽選対象外に。)

抽選対象外になったので当選のチャンスを失い、更にIPOチャレンジPを獲得する事も出来ませんでした。

<その他>
抽選にハズレると貯まるIPOチャレンジポイントがある。大量に貯めるとIPO当選のチャンスが高まる。1ポイント1500円~3000円ぐらいの価値が有る。時には、1ポイント9000円の価値になる場合もある。

私も、ポイントでS級IPO当選する事が出来ました。一撃84万円利益。1P単価は約4000円でした。

こちら重要!SBI証券攻略記事になります
IPO当選のコツ(SBI証券攻略)IPOチャレンジポイントとは記事はこちら

また、必ず重宝するネット銀行として住信SBIネット銀行(ハイブリッド貯金)は早めに開設しておきましょう。手数料無料や入出金のタイミングが早く必ず助かります。

<総評>
年間のIPO幹事回数やポイント当選から見ても、早めの口座開設が必須です。

<当選実績>
私は年1回ぐらい当選有り。ポイントでもS級当選!ブログ村では資金が豊富な方は当選回数が多いです。少額投資家でも2年1回ぐらいは当選出来そう。