みずほ証券の主幹事案件で委託幹事予定

OneTapBUY(ワンタップバイ)の内山昌秋社長が、ブルームバーグのインタビューで明らかにしました。

ブルームバーグ記事抜粋

2020年12月7日 13:01 JST  

ソフトバンクが出資するスマートフォン専用の証券子会社は、みずほ証券と新規株式公開(IPO)株の販売で協業する。1月には社名をPayPay(ペイペイ)証券に変更し、サービスの拡充を通じて2023年度の単月黒字化を目指す。

OneTapBUY(ワンタップバイ、東京都港区)の内山昌秋社長が1日、ブルームバーグのインタビューで明らかにした。IPO株の販売についてはみずほ証が主幹事を務める案件のうち、発行体の意向があれば、委託販売会社として1株単位の少額で取り扱う予定だ。

 

みずほ証券の主幹事IPOは多く、今後はPayPay証券に変わるのでIPO取扱い強化が図られてIPO数の増加が期待できます。

今なら最大で1万円が貰えるキャンペーンも実施中なので、この機会に口座開設がオススメです。

OneTapBUY 口座開設はこちら5分も有れば申込み完了できます。

今後One Tap BUY証券はPayPay証券に

2月1日~PayPay証券に変わる事が正式に発表されました。

今後「Yahoo! Japanカード」が「PayPayカード」に、「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」に変更され、ソフトバンクの連結子会社であるスマートフォン向けの証券サービス「One Tap BUY」も「PayPay証券」へと名前変更。これにより今後は更にPayPayブランドの強化が図られます。

OneTapBUY 口座開設はこちら5分も有れば申込み完了できます。

未成年口座(0歳~)の開設も可能

お子様がいらっっしゃる方はIPOの当選確率が単順に1人増えれば2倍に増えるので未成年口座の開設がオススメです。口座開設はこちら

OneTapBUYは過去にもIPO取扱い実績有り

One Tap BUY証券のIPOルールはこちら

One Tap BUYは、過去にIPOソフトバンクを取扱いしました。この時、One Tap BUYに口座開設者が殺到して、IPO抽選参加期間までに口座開設が間に合わない状況で、IPO抽選参加が出来ない方々が多く発生しました。

IPOソフトバンクが公募割れだったので口座開設が間に合わなくて結果的には問題無かったが、これが初値高騰IPOなら、とても悔しい思いをされていたでしょう。

なので、今後もIPO取扱いが来ますので先に口座開設は済ませておきましょう。

OneTapBUY 口座開設はこちら 5分もあれば申込み完了できます。

最大1万円が貰えるキャンペーン

キャンペーン期間は12月14日~1月27日まで。

OneTapBUY 口座開設はこちら5分も有れば申込み完了できます。

OneTapBUYの特徴

One Tap BUYは、株式投資が初めての方でも簡単に始められる株式投資サービスです。

1,000円から株式投資を始めることが可能で、スマートフォンから簡単な操作だけで取引できることから、投資未経験者を中心に人気を集めています。専用のアプリをダウンロードすることで、口座開設から入金、株取引までのすべてをスマートフォンで行うことができます。日本株と米国株を1,000円単位で投資できるのが特徴です。

通常国内での株式投資は単元株数でしか取引できません。もし「1株1,000円、1単元株数100株」の銘柄に投資する場合は、10万円(1,000円×100株)用意する必要があります。しかし、One Tap BUYは金額単位で取引が可能で、最低1,000円から1,000円単位で取引ができるのです。

少額から株式投資ができるため、投資経験がない方やまとまった資金がない方でも手軽に始められます。

取り扱い銘柄は130社で、日本株ならトヨタ自動車、武田薬品工業。米国株ならアマゾン、アップル、アルファベット(グーグル)などに投資できます。

OneTapBUY 口座開設はこちら 5分もあれば申込み完了出来ます。