IPOツクルバ(2978)は、枚数が19000枚も有り、初値高騰が期待出来るIPOです。

各社の配分枚数が判明しました

狙いは、何と言っても主幹事大和証券ですね。

まだ口座をお持ちで無い方は、急いで口座開設を済ませましょう。

大和証券の口座開設は急ごう!激アツ!数十万円利益の爆上げIPO主幹事が連発!
IPO当選のコツ・大和証券攻略・IPOルールはこちら

マネックス証券も幹事です。100%完全抽選配分で主幹事の次に当選確率が高い事も多いので狙い目です。

楽天証券も幹事です。昨年から幹事が増加して来ましたので、今後も幹事が多そうです。100%抽選配分で狙い目です。

SBI証券も幹事です。主幹事、幹事がとても多い。幹事の時はIPOチャレンジポイントを貯めて行きましょう。(1Pの価値は1500円~3000円ぐらいの価値が有る。時には1p=9000円の価値になることも有る)

こちらオススメです。
上場企業案件で手堅い、大人気の「Fundsファンズ」

私も既に50万円投資済みで、毎月順調に分配金を頂いております。2019年7月から抽選参加が出来る様になったので、私も追加10万円で抽選に参加しました。

抽選結果が7/10に出ましたが、残念ながら落選でした。今後も継続して抽選に参加して参ります。

ファンズから当選確率の発表が有りました。

当選確率30.65%。倍率は3倍程度だった様なので、次は当選出来そう。

※ 抽選方式の投資申込金額の上限は1ファンドお一人様100万円です。
※ 抽選方式へのお申し込みの有無とその当落に関係なく、先着方式へお申し込みいただけます。

抽選参加手順
入金不要で簡単です。1分で完了出来ます。ファンドを選んで投資金額を入力するだけです。金額は1円~投資が可能!

入金は当選後の指定日までに行えば大丈夫です。

上場企業案件で人気の「Fundsファンズ」が「抽選」を導入

今まで、投資したくても、即完売で投資が出来ない方々が多いので、その改善策になります。抽選導入による改善は歓迎ですが、募集ファンドを今よりも数倍に増やして欲しいのが一番の要望ですよね。とは言え、安全性の低いファンドを増やして貰っては意味が無いので。

今後の募集案件は、「抽選」と「先着」の両方での募集受付になります。更に応募金額の上限も設定されるので、今までよりも多くの投資家を募る事が出来る様になります。

毎回、即完売が必至なので先に口座開設を済ませて待ち構えておきましょう。

「Fundsファンズ」 今年の2月~事業開始して、既に9社のファンドが発売されましたが、全てが即完売の状況です。

Fundsファンズの反響が凄い事に!ホリエモンも絶賛
「Fundsファンズ」の反響が凄い事になっています。手堅い投資として、認知度の高さが伺えます。

ホリエモンも絶賛。

日経新聞でも取り扱いされました。

口座開設申込みは簡単

もし、魅力の無い案件が来たら投資しなければ1円も掛かりませんので御安心下さい。

「Fundsファンズ」口座開設はこちら
5分程で口座開設申込み完了出来ました。

事前に必要な物は、メールアドレス、身分証明証、マイナンバー、銀行口座だけです。

特に難しい入力などは無く、画面の指示に従えば完了出来ると思います。

入力完了後は、申込み~5日程で口座開設完了通知が届いて投資開始出来ます。

貸付ファンドのFunds(ファンズ)とは

新しいタイプのソーシャルレンディングになります。バランスの取れた位置付けになっていて分散投資先の一つに良さそうです。

Fundsは上場企業の優良案件が多いのが人気の理由(こちらは一例)

投資自体はミドルリスク、ミドルリターンです。今までのソーシャルレンディングよりも手堅い投資になります。(その分、利回りは低くなります。予定利回りは、年率、税引前1.5~6%)

それでも、利回りが、1.5~6%は大きいですね。

元本保証は当然ながら有りませんので、少額の余裕資金での投資は必須です。

最大のリスクは業者倒産リスクです。

業者倒産リスクを最小限に抑える為に、貸付先の企業の信頼性がかなり重要ですが、貸付先が上場企業で安心感が高いです。

Fundsを運営するクラウドポートは、ソーシャルレンディングNo.1メディア*で、堅実な会社で安心感が有ります。(*アスマーク社のインターネット認知度調査による(対象:20歳~65歳の個人投資家))

また、Fundsのファンドは1円から投資が可能です。「まずは少額から投資を試してみたい!」といった方でも始めやすい投資方法です。

手数料
出金手数料が無料なのが良いですね。

「Fundsファンズ」口座開設はこちら
5分も有れば申込完了出来ます。