2018-06-02 12 59 05.jpg
株式会社Gincoが提供する、マルチコイン仮想通貨ウォレットGinco
Gincoの特徴
【高いセキュリティ】 秘密鍵を端末のみで保存するクライアント型方式を採用 バックアップキーを保存することで、端末の紛失や盗難のリスクにも対応しています。
【シンプルで簡単】日本語UI・日本語サポートで安心して利用できる UIだけではなく、カスタマーサポートも日本語で行っています。


説明
日本語のわかりやすいUIで、仮想通貨の「入金」「送金」「管理」が可能です。
◆具体的な使い方
・取引所から仮想通貨を送金し、保管する
・飲食店やECサイトでの決済に利用する
・個人間で仮想通貨をやりとりする
・仮想通貨資産のポートフォリオを確認する
◆高いセキュリティ
サーバーに秘密鍵を預けず、端末のセキュアな領域で仮想通貨を管理する、安全なクライアント型を採用しています。
バックアップをとることで、デバイスの盗難、紛失のリスクにも対応しています。
◆説明書いらず
全ての操作を、分かりやすく間違いにくい日本語UIでサポートします。
お客様が利用する上で取り返しのつかないミスが発生しないように設計しています。
◆対応通貨
Bitcoin / Bitcoin Cash / Ethereum / EOS / TRON / OmiseGO / DigixDAO / Status network / Augur / Zilliqa / 0x / Kyber Network / Decentraland / Zilla / VeChain / Waltonchain / Enigma 今後も対応通貨増加予定
◆利用方法
ビットフライヤー(bitflyer),コインチェック(Coincheck),Zaif,Binance,Coinbase,Kucoinなどの取引所で購入したビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)などを、Gincoのアドレスに送るだけで、簡単に利用できます。

仮想通貨の最も安全な保管先として、ハードウォレット
Ledger NanoS レジャー・ナノSが筆頭に挙げられますが、
操作が初心者には難しいのが難点です。
そこで、Gincoは操作が簡単なので仮想通貨の
分散保管先の一つに追加するのは良いでしょう。
一番重要な安全性は「高い」ですが「絶対に安全」
とは言い切れません。
しかし、現在も「取引所」だけに保管されて居られる
方も多いと思われますので、簡単で安全度が高い保管
場所に分散して保管するのが、最も安全な保管方法と
言えます。
絶対安全な保管方法は有りませんが「取引所」に保管が
一番危険な事は間違い有りません。
マウントゴックス事件、コインチェック事件など、
仮想通貨の盗難事件は今後も必ず起きるでしょう。
事件が起きてからでは遅いので、今の内にしっかり対策
しておきましょう。