この他にも右バーにIPO当選のコツ記事をまとめて
ますので、参考になれば幸いです。
この時期に、準備をしておきましょう。
IPO当選を引き当てる為には、3大要素が必要です。
①多くの証券会社の口座を開設する。
②資金を増やす。
③根気よく継続する。
この3大要素が有れば必ず、当選が来ます。
今回は①の口座開設について説明します。
口座は、どの証券会社も無料で開設できます。
口座開設したら、証券会社からの「〇〇株どうですか」等の
わずらわしい勧誘攻撃に遇いそう。と思われている方も多いと思います。
たまには有りますが、大したことは無いです。
「今は、まだ、いらないですね」と、やんわり断れば問題無しです。
ちなみに、私は少額投資家なので、店頭での開設は、
嫌な思いをするだけなのでしてません。
まぁ、向こうからも願い下げでしょうけどね。
口座開設方法は簡単です。
口座開設方法は、どこの証券会社でも、ほぼ同じです。
ネットで各証券会社のページから必要事項入力(10分位)⇒
免許証か保険証の送信または、コピーを用意⇒
その数日後、書類が届いてサインと印鑑を押して返送⇒
その数日後、IDナンバーとパスワードが届いて完了。
源泉徴収の有り・無し 
特定口座開設の有り・無し
を選ぶところがありますが、税金の処理が面倒な方は、
特定口座有り、源泉徴収有りを選べば良いです。
尚、本人名義の銀行口座は必須です。また、ネットで入出金を
やり取り出来る手続きをしてください。
IPOは、必ず主幹事と幹事の証券会社に株数が
配分されます。
主幹事の証券会社には、全発行株数の80%など大量に
配分されたりします。
幹事の証券会社には、残りの20%を各幹事で分けるので
配分枚数は主幹事より極端に少なくなります。
まずは、主幹事になる証券会社の口座開設が必須です。
主幹事をやる証券会社は、ほぼ決まってます。
また、幹事でも、当たり易い会社は、ほぼ決まってます。
以下は、ホームページにリンクしていますので、
上から順に口座開設がオススメです。
このリスト分は必須です。
(一度に全部は大変なので少しずつが良いです)
野村証券(ホームトレード)
野村証券(ネット&コール)
日興証券
大和証券
三菱UFJ証券
みずほ証券
マネックス証券
SBI証券
いちよし証券
エイチ・エス証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
岡三証券
むさし証券

丸三証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
楽天証券
松井証券
大変なのは初めだけです。頑張って開設しましょう。