暴落と言えば暴落ですが、昨年から上がり続けていて
昨年の12月上旬の株価まで戻っただけなので調整の範囲
とも言えますが。
こちらは、2/6(火) 5:50配信 テレ朝 newsの抜粋です。
『NYダウ急落 パニック売りも 下げ幅一時1500ドル超
週明け、ニューヨークの株式市場は世界的な株安などを受けて一時、1500ドル以上の大暴落となりました。
一日で1500ドル以上の下げ幅はダウ平均株価では史上最大で、マーケットでは一時、パニックのような投げ売りが相次ぎました。午後3時50分現在、ダウ平均株価は先週末に比べて1011ドル安の2万4059ドルとなっています。世界的な株安や長期金利上昇への警戒感から、午後に入ると売りが売りを呼び、先週末からの下落幅は一時、1597ドルに上りました。先週末から大幅下落が続いています〗
過去の暴落は「買い」が正解でしたが、何処が底なのか
見極めるのは難しいです。
暴落リバウンド投資になりますが、取り敢えず少額で
打診買いします。その後は様子見て株価の反転が確認
出来たら、買い足すのが手堅い投資法になります。
選ぶ銘柄は東証1部の優良銘柄が手堅いと思われます。
取り敢えず、暴落リバウンド投資でトリドール(3397)
100株買います。
後は「東証一部昇格銘柄投資法」でビーロット(3452)
400株買います。
こちらはIPOセカンダリー投資の現在の状況ですが
悲惨です。ここは我慢ですね。
私のメイン口座SBI証券の画像(クリックで拡大)
2018-02-06 12 12 00.jpg
本来なら、-13%で損切りラインにしていましたが、
暴落リバウンド投資とも絡んで来たので一端様子見ます。
このまま、下げ続けたら何処かで投げ売ります。
今後の反転に期待していますがどうなるでしょうか。
IPO株ランキング