追加のヤフーニュースです。
コインチェック代表が緊急会見 顧客の仮想通貨約580億円分の流出を認める
1/27(土) 0:01配信 ねとらぼ
 仮想通貨取引サイト「Coincheck」を運営するコインチェックは1月26日、都内で会見を開き、不正アクセスにより仮想通貨(NEM)約580億円分が流出したことを認めました。
 会見冒頭、同社代表取締役社長の和田晃一良氏は「本件に関しまして皆さまをお騒がせしておりますことを深くおわび申し上げます」と深く頭を下げました。


 取締役の大塚雄介氏によれば、今回流出したのは仮想通貨「NEM」で、日本円にして約580億円相当(流出時点でのレート/5億2300万NEM)。流出したNEMは全て顧客の資産で、今後はNEMの財団や国内外の取引所に対し売買停止を要請、追跡していくとしています。
 26日23時30分現在、コインチェックではビットコイン以外の全ての仮想通貨の売買を停止。既に金融庁ならびに警視庁には報告済みで、今後については「お客さまに迷惑が掛からないよう、確認ができ次第対応を報告する」(大塚氏)とのこと。
以上が追加のニュース抜粋になります。
以下、ヤフーニュースより抜粋
1/26(金) 21:45配信 Engadget 日本版
【更新】仮想通貨取引所コインチェックがビットコイン以外の仮想通貨売買および入出金を停止。NEM大量移動の痕跡
日本の仮想通貨取引所コインチェックが、1月26日夕方の時点でビットコイン(BTC)以外のアルトコインすべての売買を全面停止しています。発端は26日午前0時すぎ、コインチェックから数百億円相当のNEM(XEM)が移動されたこと。移動後は細々に幾つかのアカウントに送付されたとみられ、ハッキングによる不正出金などではないかと憶測を呼んでいます。移動されたのは約5.2億XEMとされ、記事執筆時点の価格86円で計算したとしても450億円をくだらない額。コインチェックは正午前後にNEMの入金を、さらに12時38分に売買を、同52分には出金受付を停止する措置を講じました。さらに、夕方16時37分には日本円を含む全ての通貨の出金を停止し、17時26分にはビットコインを除くアルトコイン全ての売買を停止、18時50分にはクレジットカード、ペイジー、コンビニからの入金受付を停止するに至っています。
以上、ヤフーニュースより抜粋
私も20万円入金して運用しておりましたので、
今後の展開が気になります。
値下がりで資金が減る事は問題無いですが、
業者の問題による損失は許せないですね。
コインチェックの今後の発表を待ちたいと思います。